女性の個性はドレスから始まる「ドレスは自由に表現されるべきです。花嫁は着心地よく、体にピッタリあっ

たドレスを身に着けるべきです。つまり自分の個性と体格に完璧でなければならない。それにより花嫁は自分の心を表すことができて、着ているドレスも評価されると思う。」(Dario Mongioy, 部長)

全ての創作品fil rouge(共通のテーマ)においてそれぞれの女性の個性を表します。それこそスタイリストの理想です。ELISABETTA POLIGNANOは毎日本人がアトリエで働きます。そこで彼女が発案するドレスは100%made in italyの

ため上質と伝統とデサインの革新が溶け合いながら。それぞれのデザインは唯一であり完璧さに向かっている。

全ての未来の花嫁は女神

制作のためにエリザベッタのインスピレーションは底知れない二つの源がある。一つは彼女を取り巻く現実。例えば興味、旅行、読書、シネマ、演劇などの未知なる毎日の糧。もう一つは未来の花嫁。要望と個性を理解するためにエリザベッタは彼女たちと個人的に出会うことが大好きです。花嫁の個性を完全に表現し敬うために、エリザベッタは共感と献身と細やかな愛をもって取り組みます。デザイナーの創造力で最後の手を足し、これはまるで純粋なマジックのようです。