エリザベッタ の歴史

Putignano (プティニャーノ)という町はイタリアでドレス中心地と言われます。PutignanoはMurgia(ムルジア)という焼けつくような地域にあり、カーニバルと洞窟で有名です。この文化と伝統に溢れた村にエリザベッタは生まれました

彼女の心の中に幼少の頃から隠れていた情熱が青年期になってから現れ、様々なデサイン工房に見習いとして働いた。空き時間にデザイナーアトリエの芸術の秘密を習得した。14歳になるとBari(バーリ)デサイン専門学校に通うことを決断、そこで女性と子供のための小さなドレスコレクションをまず作成した。

ウエディングドレスの中心町からイタリアモードの中心へ。若い時に建築学を学ぶためにミラノに移った。現在の彼女の創造性の中の探求、上品さ、厳しさ、研究などをここで観察し試みた。

エリザベッタ・ポリニャーノブランドは1997年に生まれた。それは優雅なイタリアの節目であり、その時からブランドは6部門に分けられた:EP Elisabetta Polignano(EP エリザベッタ・ポリニャーノブランド), Vision (ビジョン), Signature (サイン), Vittoria Sposa (ビットリア・スーポサ), Joie de Vivre と Privée。今日、エリザベッタ・ポリニャーノの服は二つのアトリエの他、イタリアの70のブティック、日本、アメリカ、東ヨーロッパで発表されています。